【無料配布】MEO対策チェックシートを配布中

【MEO対策】学習塾・予備校・英会話教室の集客方法

今回は学習塾・予備校・英会話スクール・生け花教室・プログラミングスクールなど教育関連で店舗を構えている(テナントに入っている)ところの集客といったところににフォーカスしていこうと思います。

目次

学習塾・スクールの集客法方法

現在の学習塾や様々な分野のスクールの集客方法として何が効果的なのかというところについて考える前に現在の集客方法としてどういったものが採用されているのかみていきましょう。

集客方法

①紙ベース

②SNS

③ネット広告

④MEO対策

⑤口コミ

学習塾や英会話教室など教育系の事業での集客に関しては主に上記の5つで成り立っています。

これらの集客方法に関してはそれぞれにメリット・デメリットがあり特にこの方法がおすすめ!というのではなくこれからをうまく組み合わせて集客して行くのが最善だと言えるでしょう。

それではそれぞれの集客方法について詳しくみていきましょう。

①紙ベースでの集客

まず、紙ベースでの集客についてです。

こちらの手法は普段から街頭で目にするものもありイメージしやすいかと思います。

具体的に言うと、街頭でのチラシ配り(学校近辺や駅近)・ポスティングなどが挙げられます。チラシは老若男女関わらず目に止まり見てもらえることが多く、集客したい地域にしっかり限定できるのでそれらのことがメリットと言えるでしょう。

逆にデメリットとしては人件費やチラシ作成のコストがかかること、興味のない層にもチラシを配ることになるということが挙げられます。

②SNSでの集客

次に、Facebook・Instaglam・TwitterなどのSNSでの宣伝です。

こちらの関してはそれぞれのプラットフォームで自社ページを作り普段の様子などを投稿します。

はじめはWeb上で宣伝したり生徒の方々に宣伝してもらってフォロワーを増やしていくのがいいでしょう。

メリットとしてはこれらのメディアにコストをほとんどかける必要がなく手軽に始められる。また教育関連の集客では若い層を狙っている場合が多いので世代的に合っている。ということがあります。

デメリットとしてはコストはかからないが効果としてはそれほど大きいものにならない可能性があるということです。

③ネット広告での集客

ネット広告とは何か?とイメージしづらい方は、下の画像を見ていただけたらと思います。

このように「学習塾 京都」などと検索した場合に最上部に広告と書かれている記事があることはご存知かと思いますが、こちらに費用をかけて宣伝するといった集客方法です。

こういったネット広告に関しては大抵クリックされることで料金が発生します。

ネット広告のメリットとしては確実に興味を持っている層に宣伝することができるので成約率がチラシなどに比べてかなり高いということです。

デメリットとしては広告にかかる費用がかなりかかるということ、自社サイトを充実させなければならないというところです。

MEO対策による集客

まずMEO対策とは何か?というところですが、

MEOとはMap Engine Optimizationの略で、マップ検索の最適化といった感じです。

ここでいうマップというのはお察しの通りGoogleMapのことを指し、MEOとは主に店舗や事務所などのGoogleでのマップの検索順位を上位に引き上げていくということです。

簡単にいうと例えば「学習塾 京都」で検索した際に、

このようにGoogleマップに教室の候補が出てきます。

こちらは適当に表示されているわけではなくGoogleのアルゴリズムにて良質だと判断されたところが上位に表示されるようになっています。

詳しく知りたい方はMEO対策とは?をご確認いただけると幸いです。

ではなぜMEO対策が集客に繋がってくるのか?というところですが、先ほどネット広告での集客について説明しましたが、実はその広告のすぐ下に表示されるのがGoogleマップの結果です。

日本人の約8割は検索の際にGoogleを使っており、Googleには広告が表示されますがその広告は見ずにその下のオーガニック検索をクリックするユーザーが多いです。

Google社がGoogleマップに力を入れているというのもあり、Googleマップから塾やスクールを探すユーザーは非常に高くなりつつあります。

ですのでこちらに上位表示させるのはこれからの時代非常に大事になってくるでしょう。

MEO対策のメリットとしては、地域を限定して興味のあるユーザーに宣伝できる。また費用がかからないというところです。

口コミ

最後に口コミで広めてもらうというやり方です。

シンプルな方法ですが、やはり広告などによってスクールに通うよりも友人からの口コミにて来てもらえる方がお互いに信頼できます。

メリットとしては良い客層が集客できる。お互いに信頼しやすいということでしょう。

デメリットとしては悪い口コミも広がってしまう可能性があるということです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は学習塾・予備校・様々なスクールの集客面について記事にさせてもらいました。

集客方法としては上記の全てを組み合わせてうまく運用していくことが大事です。

特にMEO対策に関しては地域を絞って無料ででき、おすすめなのでぜひ試してみてください。

しかしそのようなことをする時間がない、またはプロの施策にて完璧な対策をしたいという方は弊メディアではそちらを専門で行っておりますので気軽にお問い合わせください。

MEO無料相談受付中

弊メディアMEO対策ノートでも、業界最安価格で22,000円よりMEO対策の運用代行を行っております。
また、LINEにて無料のMEO対策診断も行っておりますので、まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる