【無料配布】MEO対策チェックシートを配布中

神奈川・横浜のMEO対策について解説

今回は神奈川・横浜のMEO対策に関しての記事となります。

今後必要なこととなってきますのでぜひ最後までご覧ください。

目次

MEO対策(ローカルSEO)とは

まず最初にMEO対策とは何かというところについて簡単に説明すると、

MEOとはMap Engine Optimizationの略で、マップ検索の最適化といった感じです。

ここでいうマップというのはお察しの通りGoogleMapのことを指し、MEOとは主に店舗や事務所などのGoogleでのマップの検索順位を上位に引き上げていくということです。

イメージ的にはSEO対策のGoogleMap版の施策といった感じですね。

詳しく知りたい方はMEO対策とは?をご確認いただけると幸いです。

神奈川・横浜の特性

では最初に神奈川・横浜の特性について述べていこうと思います。

神奈川・横浜の特性

①観光客が多い

②店舗が多い

①横浜は観光客が多い

観光客に関しては多くの方がご存知のことかと思いますが、横浜はショッピングモールが多く入っている赤レンガやみなとみらいなどなどの観光地が多く観光客数が多いことでも有名です。

観光客が多いということは神奈川・横浜のことをよく知らない人が訪れるということで例えば飲食店などを検索することは他の地域よりも増えます。

事前に、予約している人は別としても予約をせずに横浜の町を出歩く観光客も多いです。

そこで、活躍するのは、Google検索やGoogleマップです。

その地域のことをよく知らない観光客だからこそ、Googleマップで上位表示された店舗に行く可能性は高くなります。

②店舗が多い

神奈川県は日本の都道府県において人口ランキングが東京に次ぐ第2位の都市です。

それにともなって繁華街では店舗型のお店が多く、アパレルショップや飲食店、美容室などの数も非常に多いと言えます。

店舗が多いということはもちろん競合他社も多く激戦区ということになります。

神奈川・横浜でMEO対策が重要な理由

では以上のことを踏まえた上で神奈川県でMEO対策が重要である理由を説明していきます。

先述した以外にも神奈川県の特徴は多くありますが、上記の2つの理由は重要となってきます。

理由としては、まず観光客が多ければそれだけその土地のことをよく知らない人が多くなっているということになります。

例えば観光客が外食をする際Google検索にてお店を探す際に「居酒屋 横浜」などと検索することが多いですよね。

検索をかけるとこのようにGoogleマップのが最も上に表示され、ホットペッパーなどのポータルサイトよりもGoogleマップを見て近くの評価の高いお店に行くといったことが増えてきています。

これはGoogle社がGoogleマップの信頼性を上げ将来のAI事業等に生かすためにGoogleマップに注力しているからであり今後この傾向はさらに増していくことになります。

Googleマップにお店を上位に表示させることが重要ということですね。

そして先述しました通り、神奈川県は店舗型のお店の激戦区であり自身のお店を選んでもらう必要があります。

そのためにGoogleマップの上位表示対策、つまりMEO対策には力を入れるべきだということですね。

まとめ

今回のまとめです。

Googleマップに上位表示させること(MEO対策)が今後非常に重要になってくることは理解していただけましたか?

では多くの競合店舗がある中でどのようにして自店舗を上位表示させれば良いのか。

そちらについては、MEO対策をしても順位が上がらない時の対処法の記事で解説しておりますのでそちらをどうぞ。

また、MEO対策をする時間がない、プロの業者に依頼したいという場合は弊メディアの方で無料でGoogleマイビジネスのアカウント診断・ご相談の方承っておりますので是非お気軽にお問い合わせください。

MEO無料相談受付中

弊メディアMEO対策ノートでも、業界最安価格で22,000円よりMEO対策の運用代行を行っております。
また、LINEにて無料のMEO対策診断も行っておりますので、まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる